一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


今回のお盆に十数年振りに鮎焼きを食べました。
塩焼きと味噌焼きの二尾。
どちらも炭火でじっくり中まで火が通っているので
一切残すところがありません。
となりでせっせと骨と身をほぐす夫をよそに
頭からガブリとかぶりつき、しっぽまで残さず頂きました。
これぞ一物全体食。

この辺りには、こんなふうに炭火で鮎焼きを食べさせてくれる店が
あと2件程あるそうなのですが(父&伯母談)、
今回立ち寄ったこのお店が一番焼き方が上手なのだそうです。
ですから、なんの違和感もなくペロリといけたわけです。

鮎を二尾まるごと胃におさめ、
麦茶で一息入れて至福に浸っていたところ…
ふと、脚にかゆみが走りました。
あぁ…
ここは店の造りが半オープンなため、
ほぼ外で食べているも同じ状況なのでした…。

3人いたうち、私だけが2カ所負傷という
何とも不公平な結果ながら、
今までの経験上、これはまだ軽症な方。
一番ひどかったのは、数年前の夏のこと、
短パンで脚を全開している夫をよそに
レギンスで脚を完全ガードしている私が12カ所も刺されたこと。
山の蚊はレギンスなんてもろともしないようです。お気をつけあそばせ!

他にも、鮎焼きを待っている間に、
窓枠近くを徘徊していた輩が…一匹↓


比較のためにビールを置いてみましたが、
いかがでしょう、この足の長さ。

名前は不明ですが、自らが蜘蛛の巣のような形態ですね。
ちょっとばかしその足長要素を分けてほしいものです。まじで。

それにしても、虫が苦手な方には閲覧注意な写真だったかしら?
ごめんなさいねー。



お盆も過ぎて、世の中は少しずつ日常に戻りつつある頃でしょうか?
私はというと、曜日感覚とお盆休み自体がすっ飛んでいたため、
今日は山形へプチ出張に行って参りました。
世間の流れではなく、自分のリズムで仕事ができるって素晴らしいですね。
その自由を手にするリスクを超えてしまえばこっちのもんですから。

あ、でもお盆にはちゃんとご先祖様に手を合わせに帰省してきました。
今回の帰省では、先日の父へのカミングアウトを皮切りに、
親戚一同にも起業したことを伝えるというミッションがあったので
いつになく緊張感のある帰省になりました。

夕食を終えて、姪っ子ちゃんのトランプでみんなでババ抜きをするという
お決まりの流れを経て、デザートの桃がテーブルに並んだその時、
意を決して起業したことを告げてみました。
そのときの外の天気はというと…

先週6日に受けたクリスタルコンタクティ(近日中にアップ…したい)の際の雷雨に続き、
これまた雷雨…。
お盆当日に雨が降るなんてほんと珍しいことなんですけどね。
やっぱり浄化なのかなー。

告白の結果としては、みなさんに応援の言葉をいただくという
幸せな展開を迎えて心底ほっとしているのですが、
真価が問われるのはこれからですからね、
身を引き締めて、でも楽しんで進んでいこうと思ったのでした。

これにて、2週間に渡って繰り広げられた大カミングアウト大会に
無事幕を降ろすことができました。

今日はお仕事相手の方のお陰で、
別の意味でも吹っ切れた感を味わうことができたので
今はとっても軽快な気分です。
まさに脱皮するセミのごとし。


明日は自分に向き合うための時間を『問い』とともに過ごします。
なかなか不思議な時間の流れを感じることが出来る会を毎月開催しているようです。
自分の中を探る…というか旅する感覚。
まだ未体験の方はぜひ体験してほしいと思います♪


募集しておりました望診のモニター様が
本日無事定員に達しました。

今日になってお二人の方から立て続けに応募があり、
募集をかけてからちょうど1週間で満員御礼♡
ほんとうに有り難いことです。

さあ、ここからが正念場ですから喜んでいる場合ではないのですが
心の中では万歳したい気持ち満々なのです。
だって、初めてのことですからね。

日程の調整が済めば、あとは心をこめて仕事に没頭するのみです。
まずは自分の体調を最高潮に整えて、と。
おっしゃーーー、がんばりますよーーーーー!!!!


仙台では昨日から七夕まつりが始まりました。
今回は宵の花火大会が日曜日と重なったこともあり
いつもより混み合うことが予想され、
その予想通り、会場の西公園に向かう人の波は
終始切れ間がありませんでした。

我が家はちょうどその花火がバルコニーから見れるという
花火観賞には好立地ゆえ、この時期ばかりは家族親戚が集って
ご馳走を囲んでの花火観賞会が開かれます。

今年はオリンピックと重なったので、
卓球男子を見たい人は部屋でテレビ観戦、
花火を見たい人はバルコニーに椅子を持ち込んで
ビール片手に花火に酔いしれるという
この上なく自由な会になりました。


ニコちゃんマークもバッチリ撮れました♡

…………………………………………………………………………

さてそんな中、私にとってこの日のメインイベントは
花火ではなくて、家族への『ある』カミングアウトでした。

実は起業したことを実家の父に話してなかったんですねー。えへ。
ちゃんとカタチになるまでは…と延ばしに延ばした末の告白。
いやー、勇気がいりました。
完全に事後報告ですしね。

ちょうど打ち明けたのはこの日の昼だったので
その時点で私の脳内には一日の終わりを告げる『蛍の光』が流れ、
花火が上がる頃にはもうすでに微睡(まどろみ)の中…
そんなやりきった感いっぱいで花火を観賞したのでした。

ここまで支えてくれて応援してくれた夫にも改めて感謝です。
彼の理解なくしてこの日は迎えられなかったと思います。

とにかく、思い切って打ち明けてすっきりしました。


それにしてもiPhoneで花火を撮るとほとんどがこう映るのね…↓


まるで天変地異でも起きたかのようです。
花火大会って言わなきゃ心配されそうな絵面(笑)



八月に入りましたね。

仙台は今日も真夏の日差しが照りつけております。
この暑さで飼い猫も身の置き所に苦慮している様子。
しょうがないよ、黒猫だもん。

さて、本日はひとつご報告があります。
かねてから作業を進めておりましたHPがこのたび完成し、
本日8月1日から初公開することになったのですー!
イェイ♪

と、いっても私はデザインをいじっただけで
制作やら構成などは、とあるお方に丸投げしていたので
えらそうなことは言えないのですが…。

いろいろ気になるところはあるものの
私が手直しするとたちまち崩れる体裁…。
もう少し勉強が必要なようです。
なので細かいところはスルーしてご覧下さいませ(笑)


ホームページをつくりたいなぁと思い立ってから一年半。
新しいアプリケーションに悪戦苦闘の末、
半ば投げ出していたのですが
今年に入って、やっぱりカタチにしたい…
と思っていたところに救世主現る!

『お手伝いしようか?』

と、まさに天の声がもたらされ、
あれよあれよと言う間にカタチになったのでした。

きっと、あのお方は天使に違いない。
このご恩は一生涯忘れません。

改めて、周りの方々に支えられているのだな、と実感しました。
実はお仕事blogなるものも立ち上げてみたので、
今後はそちらで、実際に食箋を活用されている方のご紹介を
していこうと思っております。
乞うご期待!


仙台は街中でもセミが泣き始めました。

夏目前ですね。


しかし今日は蒸し暑い。

歩いているだけなのにじっとりと感じる湿気…。

この季節は一番こたえます。まぢで。

今日は予約を前倒しで髪を切ったので

帰りは一変、清々しい気持ちで帰路につきました。


その道すがら

軽やかな足取りで向かったのは

晩翠通り沿いにある『晩翠画廊』さん。


少し前に『沼田佳苗展』という展示会のことを知り、

気になって伺ってみたのでした。


何でも10代で渡米し、

ネイティブアメリカンの画家に師事されたそうで

色使いやモチーフにも独特な強さが感じられ、

ぐいぐい引き込まれる感じがします。


とくに最新作だという『夜遊び』と題名の付いた絵に釘付け。

頭ん中で、これ、好きだなー…が連発(笑)


主に油彩で描かれているとのことでしたが

フラットで繊細なタッチは日本画とも通じるところもあるようで

不思議な魅力(引力?)がありました。


冒頭の写真は、

帰りがけに作家さんご本人より頂いた赤い鳥。

彼女の絵に必ず登場するモチーフなのだそうです。

家族分もいいですよ、との申し出に

ちゃっかり夫の分も含めて2羽げっと♡

さっそく我が家のリビングで仲良く羽ばたいています♪


展示会は7月29日(日)まで開催されています。

お近くにいらした際には是非訪れてみてはいかがでしょう。

かなりの至近距離で原画を鑑賞できますよー。


左から右へ衣替え。

革のテクスチャーも深い紫色も気に入ってたんですけどね
端っこがほつれてきてしまったので止むなく新調。

まるで薔薇の花のように華やかな色がとても新鮮で
気持ちまで明るく軽やかになります。

色がもたらす精神的効果たるや…
侮れませんな。



今朝は5時起きでした。
巷ではそれをゴジラーというらしい(ウソ)

いつもより1時間早起きしたのは
夫が出張で早出するからに他ならず
眠い目をこすりながら朝食の準備をし、
夫を送り出してから
ゆっくりとお風呂につかっていましたら
何だかやけに気持ちが穏やかで心地いいのです。
なんでかな???
早起きだけではないような…
いつもと違うことといったら…





テレビつけてないからだ。

そう、今朝は夫も起き抜けから仕事をしていたので
一切テレビの音を聴いていないのでした!

ふだん、日中は一切テレビは見ないのですが
朝食時だけは夫が見たがるので習慣でつけていたテレビ。
それがないだけでこんなにも心地いいなんて!

これが本来の朝の空気感なのかと思うほど
清々しくて穏やかな感覚。
すっかり忘れてました。

男性は仕事で交感神経が優位になりがちなので
静けさが逆に居心地が悪いこともあるのだそうです。
帰宅してからも(目を休めればいいものを)
テレビゲームをしたがるのもその表れだそうで…。

そんな殿方には足湯やマッサージなどで
ゆっくりと交感神経を鎮めて
副交感神経を高めてあげるといいようです。
もちろん、働きwomenにも!

いきなりだと反発があるでしょうから
計画的かつ着実にテレビのいらない生活に
ゆっくりシフトしていければいいな。

テレビの音や映像にかき消されていた大切な朝の時間。
それに気づけたことが今日の大きな収穫です。




マヤ暦を取り入れるようになってから

2年くらいになるでしょうか。


この暦の根底には

人の手では到底動かし得ない

大きな仕組みが存在していて

それは

あえて言葉にするならば

『宇宙のリズム』だったり

『自然の摂理』だったりするわけですが


これまた言葉では到底表現し得ない

とてつもなく完璧な仕組みのようなのです。

たぶん。


いいも悪いも

そんなジャッジは必要ない

果てしなく大きくて

果てしなく小さい世界観。

全体と一部を自由に行き来できる万能な眼鏡。


そんなマヤ暦という眼鏡を通して

実生活を観てみると

今までの常識や『一般的』と言われる事柄に

違和感を感じることも多々あり…。

でも、それがきっと宇宙からのメッセージ。

そこに気づいたのなら

ただただ、

自分の感覚を信じて従って、

委ねるのみ。


頭が言い訳する前に

しっかりその感覚を味わってみればいい。


………………………………………


つらつらと

思ったことを打ち込んでみたマヤの大晦日。

今日は、とある場所に別れを告げてきました。

言うなれば一人卒業式といったかんじ(笑)

大好きで大好きで、その場にいるだけで

神聖な気持ちになる素敵な場所だったんです。

とある事件を境に、ガラリと場所の気が変わってしまいました。

何度か自分の神聖な場所を取り戻すべく再訪してみましたが

自分のカラダや心に刻まれた感覚にウソはつけませんでした。

慣れ親しんだ空間に今までの感謝の気持ちを送りながら

静かにその場を後にしたのでした。


終わりよければ全て良しといいますからね。

とにかく、感謝をもってその扉を閉じることができて晴れ晴れしております。


そして明日は『時間をはずした日』。

ちょうど美容室の予約がとれたので

美しく整えて新年を迎えようと思います。


さて、迎える『青い共振の嵐』には

どんな扉に出会うことができるのか楽しみですな。


つい先日のこと。
ここ一ヶ月ほどかかりっきりだった作業が完了し、
その集大成とも言えるものが手元に届きました。

カフェの本棚にちゃっかり紛れさせて記念撮影♡
約200ページの大作ですからねー。
感動もひとしおです。

今回、私を含め3名でそのプロジェクトを遂行したのですが
これがなかなかハードでして。
得るものも大きいが、消耗するところも多くて。
若干、燃え尽き感を引きずってたんですが
集大成を手にしたとたん、吹っ飛びました。
基本、単純でおめでたい性格なので(笑)

今回思ったのは、
心からの応援の声があれば頑張れてしまうんだな、ということ。
それはたった一言のメールだったり、又聞きした噂とかでもいいんです。
その本心からの気遣いを感じることで、
湧き上がってくるチカラというのはあるんですよね。
体力的にきつくても、その気遣いや思いが届くことで
回復できるということを実感させていただきました。

なんだかんだ理由を付けてやらないっていう選択もあったんですが
自分の中のやりたい気持ちと、根拠のない使命感に突き動かされて
仕上げてしまった…という感じです。

もちろん、他のお二人の力添えと類希なる言葉のセンスに魅かれて、
というのも大きな要因ですし、
仕上がってもいないものに購入の意を示して下さった方々の
温かい愛と理解の心に応えたい気持ちもありました。

これは、私だけが感じることではないはずなので
もし、反対の立場になるようなことがあれば
惜しげなく、心をこめて言葉を伝えようと誓いました。自分に。

あとは、手にした方々の率直な感想が気になるところ…。


さて、
マヤ暦では大晦日が間近に迫ってきました。
このタイミングで、手放すものがハッキリしてきて
新しい年に持っていくべきものもクリアになってきました。
お陰でだんだん身軽になりつつあり…。
もうちょっと手放せるものがないか
大晦日までの数日間は自分の中の大掃除をすることになりそうです。

ここ最近の変化が激しくって、
ちょっと面食らっていたのですが
変化はいつも土壇場。
でも、いつも絶妙なタイミングでやってくるのです。

自ら変化を起こすのではなく
起こる変化を受け入れてみる
委ねてみる
そんな心の余裕はつねに培っていきたいものです。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM