一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


思いがけず訪れた生け花の作品展にて。


花も美しいけど

その影もまた美しい。


美しいひとは

きっと

影でも美しく、丁寧に、

日々の暮らしを営んでいる。


光がどんな場所から差そうとも

映し出されるその影は

本質をそのままに刻むのだろう。


ふとそんなことを思った昼下がり。


私もそうあろうと

秘かに誓ったのでした。


ふたりのKさま、

素敵なひとときと気づきをありがとうございました。



仕事中のBGMはもっぱらコレ。

Penguin Cafe Orchestra

ふざけたジャケットですが音は秀逸。

大学のときに出会って以来、

今まで飽きることなく聴き続けてきました。

この度、この記事を書くにあたり、

Wikipediaでアーティスト情報を調べてみました。

以下Wikipediaより抜粋…

ペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)は、
イギリスの作曲家、ギタリストのサイモン・ジェフスを中心とした楽団。
クラシック音楽、ミニマル音楽、民族音楽、現代音楽などの要素を取り入れた音楽を
作曲、演奏。メンバーは固定されておらず、楽曲により入れ替えられた。
1976年にデビュー以後、高い演奏力とユーモア溢れる楽曲で高い評価を得る。
また、ペンギンと人間の不思議なイラストのジャケットでも話題に。
1997年にリーダー格のサイモン・ジェフスが脳腫瘍で死去して以来、
実質的な活動を中止している。

ということで、新しい楽曲は出ていない様子。

な の で す が…
どうやら、2009年から新生Penguin Cafeとして活動を再開しているそうで
なんと今月には来日公演もあった模様。
知らなかったーーーー。。。

あー、行きたかったなぁ!

まだ音は聴いてはいませんが、
きっと前身を受け継いでいるんではないかと期待してしまいます。

『音楽は空気みたいなものだから』とは
大学時代の中国語の先生の言葉。
確かに音楽は、部屋の空気を一新させるチカラを持っていますね。

これからもこの音楽たちに助けられながら
仕事に勤しみたいと思います。


先週末のこと。

夫の祖母が88歳の誕生日を迎えました。

八十八で米寿っていうんですね。

言わなきゃ70代にしか見えないその上品な姿と

いつも控えめで慎み深い言動に

お会いするたび心が穏やかになります。

夫の穏やかさや優しさは

間違いなくおばあさま譲り。


夫の添えたメッセージを読み上げ、

最後は嬉しさのあまり涙声になっていました。

そこに居た家族みんなももらい泣き。

温かく幸せな時間が流れていました。

夫に出会えたこともそうですが

祖母である彼女に出会えたことにも

心から感謝です。


結婚って

こんな出会いももたらしてくれるんですね。


これからも素敵に輝き続けてほしいと思います。

静かに輝きを放つスワロフスキーのように。



月曜日のこと。

さーて、今週も始まったなぁと
ヨガをしながら、ふと空を見たところ
こんな不思議な空を見つけました。
くっきりツートーン。

すぐさまiPhoneを握りしめて
バルコニーからパチり。

若干、工事中の防護ネットが映ってますが
何とかカメラに収めることができました。

何がどうなってこんな空が出来上がるんでしょうね。
自然の神秘です。


幸せは忘れたころにやってくる。


メガネ屋さんからギフト券が届きました。


どうやら、少し前に答えたアンケートで当選したようです。
プレゼント付きだったんですね。

せっかくなので
これで夫のメガネを新調させていただきましょう。

夫婦揃ってiPhoneだし、PC使いなので
ブルーライトとやらをカットしてくれるコチラのメガネで
少しでも目の負担を和らげたいと思います。

ありがとう、JiNS




今日って雨が降る予報だったんですね。
知らずに手ぶらで出掛けたら、
出先で傘を貸していただき、
無事に濡れずに家路にたどり着きました。
優しい心遣いに思わずほっこり♡
ありがとうございます。

そんな私の本日の出先というのが…

以前、ちょこっとFacebookでも触れました、
アーユルヴェーダのシロダーラが体験できるサロンだったのです。

さてさて、ついに体験してまいりましたよシロダーラ。
夢にまで見たシロダーラ(笑)

ちなみにシロダーラとは、
額の一番敏感な場所にセサミオイルを垂らし続けることで
深いリラクゼーションをもたらすもの。
受けてみて、確かに意識はあるけど眠っていない、
一種の瞑想状態を感じることができました。

まるで静かに揺らぐ船に乗っているかのような感覚…。
しかも、そのセサミオイルも高品質のものを
たっぷり30分かけて垂らし続けてくれるので
最初はくすぐったい感じがあったのが
徐々にその緊張もほぐれて、気持ちよさだけを感じるように。

何かがほぐれていくんですよねー。
そして何かがほどけていくんです。
その『何か』とは、
きっと必要ないものなのでしょう、
だって、終えた後の爽快感と言ったら…。
ぐっすり眠った後のような感覚なのです。

とにかく、この感覚は体験してみないことには伝わらないので
まずは一度受けてみることをお勧めします。

実は今回、シロダーラを受けるにあたって
一つ気がかりなことがありました。
それは………
髪のべたつきです。
だって、あんなにたっぷりのオイルにまみれたら
一体全体どうやってそれを落とすのでしょう?
普通にシャンプーしただけじゃ落ちないんじゃないの?と。

ところがどっこい、その心配は無用でした。
なんと、私が伺った『アーユルヴェーダサロン AQUA』さんでは
セラピストさん御用達でもあるdoTERRA(ドテラ)のシャンプーを用意してくれているのです。
なんて嬉しい心遣い♪
このシャンプー、オーガニックな品質に加え、
少しの量でも泡立つのでオイルっぽさは一切残りませんでした(実証済み)
なのでAQUAさんなら無問題。安心して足を運んでみてくださいね。

それにしても、施術以外の品質もこだわっているって素敵ですよね。
セラピストさんのお人柄にも是非触れてほしい、素敵なサロンでした。

明日はお借りした傘をお返しに、再びサロンに立ち寄る予定♪
あの、お会いするだけで癒されるオーラは何なんでしょう…。
私も見習いたいものです。ハイ。

この度、我が家に新しい家族が加わりました。

じゃん。


ムーミンファミリーご一行です♪

この他にもあと数名が控えていて、
日替わり週替わりで、クリップに挟んでは楽しんでおります。

じつはコレ、夫への誕生日プレゼントなのです。
数年前から、夫のムーミン好きは知っていたので
何か家で一緒に楽しめるものはないかとアンテナを張っていたところに
見事なタイミングで飛び込んできたのがこのモビールだったのです。

おなじみのムーミンに加え、ミーやスナフキンも揃っています。
ただ、半分くらい初めてお目にかかるキャラも居て…
とくにこの方↓


見た目はラスボスみたいな風貌ですが
英語の説明書を見ると『She is …』。
なんと女性のようです。

他にもカンガルーやネズミみたいな方も。
そういえばムーミンは妖精ですもんね。
お部屋がたちまちにぎやかになりました♡

うちは猫がいるので、
彼女がジャンプしても届かない範囲でインテリアを楽しむことになるのですが
猫のジャンプ力を考えるとモビールはとっても優秀なアイテム。
愛猫家の方にはおすすめですよん。


届きそうで届かない〜〜〜〜!
もどかしげに鳴いているの図(笑)


昨年は玄関を折り紙で飾り付けしてサプライズ。
今年はモビールでサプライズ。
夫の和む顔を見るのは至福ですからやめられません。

さて、来年はどうしましょうかね♡

先週のこと。

祖母が亡くなって3年。
父も心の整理がついたということで
今年の春先から実家の断捨離が本格的に始まっておりました。
昔の人はどうしても物が捨てられずに溜め込んでしまうようで
自分のものならいざ知らず、残された祖母の遺品を
どう処理したらいいか、かなり悩んでいた時期もありましたが
それも時間の経過とともに解決したようで
月に一度、仏壇にお線香をあげに帰省するたびに
みるみる片付いていく実家。

ふと、あれはどうしたかな?と私の中で気になったものが一つありました…。

それは、一階の居間にあった古い国語辞書。
もういつ捨てられてもいいような古い古い辞書なのですが
私にとってかなりツボな記載があったのです。

父に聞くと、二階の自分の部屋にあるとのこと。
はやる気持ちを抑えて私が開いたページはというと…↓


想像の動物のページです。
鳳凰、朱雀、玄武、麒麟…
それらに混じってへんな生き物が一匹…。


魍魎さんです。

こ、これは…ウサギなのか人なのか…。
どうみても他のメンバーとは一線を期す存在感です。
そして魑魅と魍魎って分けるんですね。


はじめにこれを発見した時には家族で笑い転げましたよ。ほんとに。
確か、祖母もそのとき一緒に笑ったっけな…。
懐かしい思い出です。

とにかく父の断捨離を逃れたこの国語辞書。
ゆくゆくは我が家の家宝にしたいと思います(笑)

秋は呼吸器に負担がかかる季節といわれてますから
大いに笑って呼吸器を鍛えるにはもってこいの素材ではないでしょうか?


ある場面に遭遇すると胸がキューッとなることがありました。

…正確にはまだ、たまーにそういう感覚が湧いてきて

自分ではどうにもしようがない気分に陥ることがあります。


これがインナーチャイルドだと気づいたのはつい最近のこと。

今までも数えきれないほど味わってきたその説明しがたい感覚の

本当の根っこを知ったとき、ふゎ〜っと心が軽くなるのを感じました。

掬いあげられた、とでも言いましょうか。


はっきりとした記憶はないにしても

私の中にはまだ認めて欲しいと思っている幼い頃の自分がいるらしく

ふとした瞬間にざわざわと騒ぎ出すのです。


今までは

何をそんな子どもみたいなことを…と一蹴していたんですが

蹴飛ばされていたのは、2歳の私であり5歳の私だったんですね。。。


インナーチャイルドの要求はとってもシンプル。


粗末に扱われるのは嫌。

丁寧に扱ってほしい。

無視されたくない。

ちゃんと私の声を聞いてほしい。

ありのままの私を見てほしい。

私にちゃんと了承を得て物事を進めてほしい。

たくさんあるけど、根っこにあるのは


愛されたい

認められたい

受け入れられたい


これに尽きるようです。


今はただただ騒ぎ出した瞬間の、その声を掬いあげ、

認めていって、認めていって、認めていって

なぐさめて、癒すことに専念しているところ。


なんでも、インナーチャイルドは

満たされて解放されると騒がなくなるのだそうです。


自分の感情を無視された。

聞いてもらえなかった。

思い込みで何かを押しつけられた。


その悲しみと恐怖はかなり根深く、相当前の代からの遺産でもあるようです。

この感情、我が子には連鎖させるまい。

しっかり私が受け止めて

負の連鎖を断ち切りたいと思います。


Good Luck私。




最近、お仕事Blogとこちらの私的Blogが混同しいて
うっかりこの記事を向こうに載せるところでした。
いや、載せてもいいんですけどね。
なんとなくこっち向きかな、と思いまして。
ま、そのうちボーダレスになっちゃうんだろうなー(笑)

仙台市内、街路樹も上の方はだいぶ色づいてきましたね。
バルコニーから見える定禅寺通のケヤキ並木も
日に日に色合いが変わっているようです。

さて、そんな秋の色彩を先取りしたような
素敵な小物が手元にやってきました。


こちら、iPhoneで撮っているので
並べて撮影出来ないのが残念ですが
iPhoneケースでございます。

天才的な手芸の才能を持つ友人が
私の雰囲気に合わせて作ってくれたのです。
秋の新作! うれしいですねぇ♡
丸いバッヂは取り替え可能で
以前彼女にいただいていたものを
週替わりでとっかえひっかえ楽しんでおります♪

彼女のブログの『てづくり』カテゴリーには
素敵な小物が満載♡ ぜひ一度ご覧あれ♪

さて、自らの身の装いもそろそろ秋に移行しないと。
もう、半袖しまっていいですかねー?
天気と気温が激変する今日この頃。
みなさんも体調管理を抜かりなくお過ごしくださいね。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM