一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

自慢じゃありませんが

我が家には花を生ける習慣がありません。

プランターもなければ、花瓶もなし。


理由は、かりんとが食べてしまうから


ではなく、私がことごとく枯らしてしまうので

自然となくなっていったというのが本当のところ。


引っ越してきた頃は花瓶に生けてみたりもしたんですが、

なぜか私が手をかけるとシュルシュルと枯れていく植物たち…

そのうち、花屋に立ち寄ろうものなら、夫に

『また枯らすために買うの?』と言われる始末。トホホ。。


そんなワケで、引っ越して8年目にして

一切の植物が我が家から姿を消したのでした。


が、


そんな私にも花を愛でたい気持ちがあるようで、

ふと気がついたら

花の絵を飾っていたり、

道ばたの野花を写真におさめたり、

フラワーエッセンスを学んだり

と、生花以外で増えていく花アイテムたち。


そしてついに、


じゃーーーん。



やってきました、お花の絵画。

今年の春に画家の実予子さんにオーダーしていた絵が届いたのです♪


どれも身近な野花ばかり。

というのも、これは夫へのプレゼントでもあるのです。


春先になると健気に咲く青い小さなオオイヌノフグリ。

夫はその花が大好きで。

でも、大好きであるがゆえに摘み取ることができずに

いつも携帯の写真におさめて家に持ち帰っていたのです。


これが自宅にいつも咲いていたらな…と思ったとき、

実予子さんの顔が浮かんだのです。


以前も薔薇の絵をオーダーしていたのですが、

その時の完成に至るまでのエピソードを思い出すと

これは実予子さんしか居ないなと。


届いてみて嬉しかったのは、

実は、夫はレッドクローバーも大好きだったということ。

10年以上連れ添った今になって知る新事実(笑)

私にとっては大きな収穫でした。


夫婦とはいえ、お世辞にも会話が多いとは言えない日常なので

お互いの嗜好を時間をかけて見つけるという、

ある意味、宝探しのような日々を過ごしているので、

夫がそれはそれは嬉しそうにそのことを打ち明けてくれたのが

嬉しくて嬉しくて♡


これは玄関に飾るためにオーダーしたものだったんですが、

届いてから、玄関の壁がコンクリートだったことが判明したので

結局、朝日の一番差し込む寝室に飾ることになりました。



これが嬉しい誤算で♪

『おやすみ』から『おはよう』までを優しく見守られているようで

とても心地がいいのです。

きっといい『気』に満ちているんでしょうね♡

↓赤いライトと♡のモビールとの相性もバッチリ。



実予子さんのお陰で、

我が家がパワースポットになりつつあります。



↑夫、嬉しそうに写真におさめるの図(笑)


さて!そんな、実予子さんの素敵な絵の数々は

コチラからご覧いただけますよ〜♡


みなさんも、

心に響く素敵な絵を迎え入れてみてはいかがでしょう♪



先週のこと。
オーダーしていたコサージュが仕上がりました。

作って下さったのはcotoeさんです。

以前から彼女の作品のファンで、
作品展に伺ったりワークショップに参加したりして
これまでいくつもの素敵な作品を目にしてきました。
彼女の作るものはどれも色合いや、その佇まいが素晴らしく、
見るたびに身につけたい欲求が湧き上がってくるのです。

聞くところによるとオーダーも受け付けているとのこと。
今回は、普段の私の装い(自然素材の服)に合わせて、
落ち着いた色合いのコサージュをオーダーさせていただきました。


ひとことで言うと『淡いブルーグレー』といった感じでしょうか。
サイズや色味は、
お知り合いのカラーコンサルタントの方にも相談して決めてみました。

日曜日に卸したてをパチり。
おーーーー!手持ちの服が活きる活きる♪


ブローチを受け取る際に、
その制作行程やこだわりなどを詳しく伺ったのですが、
この花びら、一枚一枚を手で染めているそうで
しかも、素材は私の装いに合わせてシルクの布で作って下さったとのこと!
まぁ、感激!

極めつけはこの可愛いラッピングです↓


この箱も手作りなんですって!
恐れ入ります…。

これは、自分用だけでなく
大切な方へのプレゼントにもいいですよね〜♡

とってもお勧めです♪
ぜひcotoeさんのBlogで作品たちをご堪能くださいね。

今後は、お仕事の際にこのブローチの花を携えて
お客様に会いにいく予定です♪
お楽しみに〜♡




実家がある山形には東沢バラ公園という

日本でも有数の規模を誇るバラ園があります。

ちょうど近くに母校があったのと

親戚が住んでいたこともあり、

小さい頃から庭のようにして親しんできた公園です。


就職でこちら(仙台)に来てからは行く機会もめっきり減り、

その存在すら忘れていたのですが、

ふと最近バラが気になる出来事が立て続けに起きていたので

思い立って数年振りに訪れてみました。


毎年このくらいの時期にバラまつりを開催するのですが

なんと、訪れた日はバラまつりの最終日。

梅雨の晴れ間にも恵まれ、遅咲きのバラたちが

華々しく迎えてくれたのでした。



青空とのコントラストがまた美しい!



この日は美術館にも立ち寄ったのですが

美しいものに触れる、耳にする、目にする…

その度に自分の心が満ちていくさまは

質のいい食事と同様の至福感があります。


心を甘美なるもので満たす。

そんな時間を大切にしたいものですね。 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM