一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

先日、お仕事でイベントを開催させていただいたのですが
それには本当にたくさんのサポートがありました。

まるで宝物のような出来事の数々。
忘れないように綴っておきたいと思います。


まず、イベント前日からわらわらと雪が舞いはじめ、
夜には一面真っ白に。


ちょうどその頃、
東京出張の夫からは新幹線が2時間遅れで、
今日中に帰れるかわからん、とのメールが。。
一緒に添付されて来た日本橋の様子がコチラ↓


いや〜、まるで雪国。
前日、東京でセミナーを受けていたので、
一日でこうも違うものかと愕然としました。

と、同時に翌日のイベントの荷物は夫の車がないことには運べないことに気付き、
たちまち不安に。。
タクシー会社に翌朝の配車を予約しようにも連絡がつかずに断念。
きっと仙台も交通網が麻痺してたんですね。

その後、どうにか新幹線に乗れたとの連絡が入り、夜遅くに夫帰宅。
ほっと眠りについたのもつかの間、
翌朝は信じられないほどの積雪に見舞われていました。。
実に観測史上78年振りの大雪とのこと。

でも、この時点ではまだその重大さには気づかずにおりました。
というのも、夫婦揃って雪国山形育ちなもんで、
これしきの雪、屁でもないわとたかをくくっていたのです。

ところが、いざ車を出そうとしたところ、
膝まで積もった雪がふわふわし過ぎてタイヤがみるみる埋まってゆくのです…。
スタッドレスがてんで意味をなしません。

と、そこへ、同じマンションのお隣さんがスコップを持って登場。
前輪の雪をかき分け、誘導までして何とか車を出してくださいました。


どうやら管理人さんが不在の祝日ということで、
自らかって出て雪かきをされていたようです。
こんな神様のような隣人に恵まれていたのだな、と改めて感激。

その後も会場にあと一歩のところで、
除雪されてない道に踏み入れてしまいたちまち立ち往生。
前にも後ろにも動かなくなり、万事休す。
仕方なく、近くで雪かきをしていた親子にスコップを借りようと声をかけたところ
スコップ片手に車まで駆けつけてくださったのです。
しばらく悪戦苦闘の末、大人2人と子供1人で車を押し出し、
やっとこさ雪を脱出。

この時点で到着予定時間を1時間もオーバーしていました。。
ついでに、私もモグラのように必死に雪をかいたので
イベント前にすでに息も絶え絶え(笑)
もうね、笑うしかありませんでした。

それでもなんとか無事にイベントは終了し、
その日は早くに電池切れになり、10時就寝。
お陰で翌朝はすっきり目が覚め、こんな美しい朝日に迎えられました。



ふと、この美しい光景を見ながら
前日の激動の一日を振り返ってみました。


一見、不運と思える一連の出来事も
人の心の温かさを感じるためのスパイスだったのかな、と。

助けを求めれば手を差し伸べてくれる人がいる。
そして、私がやろうとしている事をちゃんと理解して
全力でサポートしてくれるパートナーがいる。

夫が帰って来れないかも知れない!という事実に直面して初めて、
当たり前と思っていた夫のサポートを、本当に有り難く感じることができました。

でも、これもきっと捉え方一つで変わるもの。
同じ事実でも、愚痴るより感謝していたいですもんね。



最近、よく出先で虹に出逢います。

ということは、
雨に降られるということでもあります。

要は雨女なんですね。

どうせなら、
虹女と呼んで欲しいものです。

どうでしょう。
定着しますかね。



先日のこと。

横殴りの雨の中、ウェスティンでお茶タイム。
高層階からの眺めが見たくって、
普段は晴れの日を狙って行く場所なのに
昨日はむしろ、
雨が光をぼんやり拡散させて
艶っぽい夜景を見せてくれました。

涙でにじんだイルミネーションが美しかった記憶が蘇りました。

そう、
広くくっきりと見渡せるだけがいいのではなく、
たまにはぼんやりと視野を遊ばせてみるのも
楽しいのかもしれませんね。

ちなみにウェスティン26階のホライゾンでは
17時過ぎくらいから照明を落としてくれます。
ゆったりと夜景を楽しむにはいい場所です( ^ω^ )

今日は空がきれいな一日でした。


この雲なんて、まるで白い翼のようです↓


もう、すっかり秋の空ですね。

空ばかりじゃなく、
美しい人との遭遇や
美しい友人との語らいもあり。
いろいろと充電できた一日。

そして、帰宅して洗濯物を取り込もうとしたら…


この空ですよ!なんて美しいんでしょう!

ふと、手帳を開いたら、今日は下弦の月なんですね。
ちょうどFacebookで下弦の月について話題になったので
ちょっとこちらにまとめてみますね。

新月から満月までの間は、新しいことを始めるための時間。
満月はそれまでの努力や行動が実を結ぶ時です。
そして、下弦の月はそれまでやってきたことを見直し、
軌道修正する時と言われています。
言わば内省の時期ですね。

また、新月の訪れとともに高まる新しいエネルギーに備えるときでもありますから、
疲れていたら一休みすることも大事みたいです。

私も今日は目が充血していたので、
パソコンはほどほどにしようと思います。

そのかわり、
下弦の月のもとで内省の時間に充てようかと♪

みなさんも、お布団に入るまでのほんのひととき、
月と一緒に過ごしてみてはいかがでしょう♡


ふと、布団から起き出して空を見上げると
美しい三日月がぽっかりと浮かんでおりました。

思わずiPhoneを手にバルコニーへ。
でも、そんなときに限ってピントが合わないのです。。

だめもとで撮ってみた一枚。
やっぱりボケボケ…。

美しいものはしっかり脳裏に焼き付けておけ、
ということかも知れませんね。


こちらは数日前の早朝の空。

三日月と

左下には金星も見えます。

目の覚める美しさに

思わず寝間着のままに

バルコニーに出て写真におさめました。

お陰で目覚めしゃっきり(笑)

夜明けとともに起きるって気分がいいものです。


冷え込みとともに美しくなる夜明けの空。

みなさんも今だけの自然のギフトを

堪能してみてはいかがでしょう。



出掛ける時はお天気雨。

日差しはあるのに雨も降ってた。

出先では雨にプラス強風で髪の毛がしっちゃかめっちゃかに…。

別の目的地に向かう時は風もなく雨も止んで

雨上がりの強い日差しが降り注いで…


途中、ちょうど見頃の紅葉を楽しみました。


いやはや、気まぐれな女の子のような天気です(笑)



今日のヨガ教室でも話題になりましたが

アメリカのハリケーンには必ず女性の名前がつきますよね。

ところが、ここ日本の台風にも同じようにカタカナで名前がつくのだそうです。

初耳でした。

気になったので調べてみると気象庁のHPにしっかりと載っておりました。

呼び名:Tembin 片仮名読み:テンビン 意味:てんびん座
呼び名:Yagi 片仮名読み:ヤギ 意味:やぎ座
呼び名:Usagi 片仮名読み:ウサギ 意味:うさぎ座
呼び名:Kammuri 片仮名読み:カンムリ 意味:かんむり座

などなど。

どうやら日本は星座の名前がついているようです。
タイ、ベトナム、香港、ラオスなどのアジア諸国の台風の名前もなかなか面白い。

いや〜、世の中は知らないこといっぱいです。


月曜日のこと。

さーて、今週も始まったなぁと
ヨガをしながら、ふと空を見たところ
こんな不思議な空を見つけました。
くっきりツートーン。

すぐさまiPhoneを握りしめて
バルコニーからパチり。

若干、工事中の防護ネットが映ってますが
何とかカメラに収めることができました。

何がどうなってこんな空が出来上がるんでしょうね。
自然の神秘です。


事の起こりは1ヶ月前。

ずっと記事にしたいと思いつつ

変化の真っただ中にあったので

その変化をつぶさに感じることに精一杯で

こんなに遅くなってしまいました。てへ。


1ヶ月前に何があったかと申しますと…

YUKINEにてクリスタルコンタクティを初体験したのでした。

ちょうどオーダーしていたジュエリーの打ち合わせで伺ったその日は

なんと、そのセッションが雪音さんと響さんのダブルで受けられるというスペシャルディ。

こんな贅沢な機会はまたとないわ〜♡と、二つ返事で受けさせていただきました。


30分というショートバージョンにも関わらず

私がそのとき抱えていた問題はとっても重大で

たぶん、その時間内ではサポートできないような内容だったと思います。

が、その時の私はそれを止められないほど我慢も限界を超え、

すでに表に出かかっている状態…。


そんな私の心情を現すかのように、セッションが始まるや否や

外はみるみる厚い雲に覆われ、たちまち雷鳴が鳴り響きました。

降り注ぐ雨音と落雷の音でお二人の声も聞き取れないほどに…。


並べられた石の配置についての説明も終わり、

セッションも終盤に差し掛かった頃、

すーっと日が射し始めるというミラクルな展開に

お二人ももちろんのこと、私自身もびっくり。


浄化が起きたのかもね、と雪音さん。


そうなのかもしれません。

その次の週にはこんな出来事も起こっているのですから。


そして、つい先日も天候を巻き込んだ浄化dayを経験。

わたくし、どうやら相当本質的でおっきな問題に取りかかっているようです。

天候が連動するほどの大変革(笑)


クリスタルによって導き出された指針はどれも的を得ていて、

自分の潜在意識との狭間で行ったり来たりしている思いを

しっかり顕在意識に引っ張り上げて再確認することができました。


これはやはり、自分が使う石を選び、自分が配置した、

…すなわち自分で導き出した、ということに大きな信頼と価値があるように思います。


もちろん、お二人からのアドバイスや、視点を変えた見解によって

頑なに思い込んでいたことへの新発見もあり、まさに目からウロコ。


面白いなーーーーと始終感動しきりでした! 

まだ未体験の方はぜひ♡



日々起きている出来事には、

たぶん、あらゆる問題を解決するためのヒントや

もしかしたら答えが潜んでいて、

でも、忙しく過ごしているいるうちは

それには気づけないのかも知れません。


心に余裕ができたら…なんて考えていたら

乗り越えるべきタイミングを失ってしまいますから、

そんな時はクリスタルに託してみるのも一つかと思います。


雷雨が起きないまでも、

そのとき必要な「気づき」をもたらしてくれると思いますよ。


冒頭の写真は、浄化day前日の空の様子。

ダースベーダーのBGMよろしく漆黒の雲が迫ってきております。

確かにこの時点で、すでに鼓動は高鳴っていたのでした…。

 

自分で自分を満たすためには


自分の感性を最大限に信頼して


まずは忠実にしたがってみる。


それに尽きるんじゃないかと思う。



何か出来事が起きた時に、反射的に感じたこと


それを逃さずに、しっかり向き合ってあげる。


まるで床の間の生け花みたいに


ちゃんと場所をあてがい、


とっておきの花瓶を用意してあげよう。



これはとにかく鮮度がイノチ。


理性と頭が言い訳(見ない振り)をする前の


新鮮でピュアな状態じゃないとね。


しばらく愛でて、しっかり向き合ってあげれば


やがて手放していいタイミングがやってくる。


そんな、


床の間のような空間を、心の中に保ちたい。


きっと、この余白を設けることが


自分を満たすことにつながるんじゃないかな。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM